熊本救急告示病院:くわみず病院

リハビリ通所リハビリ

リハビリ

リハビリテーションとは、残された能力を最大限に高め、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助することです。

 当院のリハビリテーションは、入院・外来、そして在宅に至るまで、いわゆる急性期・回復期・維持期のリハビリテーション医療をシームレスに提供し、患者・利用者さんが住み慣れた地域でその人らしく生活復帰できるように支援できるところが特徴です。

病院のリハビリテーションは、「脳血管等リハビリⅡ」・「呼吸器リハビリⅠ」・「運動器リハビリⅠ」の施設基準を取得しており、在宅医療では「通所リハビリ」・「訪問リハビリ」
の事業を行っています。

現在、併設の訪問看護ステーションすなとりからのサービス提供を行っております。

また、当院は急性期の一般病院ですが、脳卒中地域連携や大腿骨骨折地域連携などのクリニカルパスを運用する病院としては、亜急性期・回復期のリハビリテーション医療を担い、他の医療機関と連携を図っています。

当院が掲げたリハビリテーション医療のテーマは、

「こころ・からだ・動く!!(リハビリテーション医療宣言2004年)」

“こころが動けばからだも動く、からだが動けばこころも動く”

 私たちは、心身両面にアプローチできるリハビリテーションを目指しています。

診療スケジュール

リハビリ

※診療受付時間:午前8:45~12:00、午後13:30~17:00、夜間 17:00~19:00*土曜日の受付は12:00まで

理学療法

理学療法は、様々な障害に対して、機能の回復・維持をはかる療法です。筋力、関節の動き、麻痺、痛みなどの改善・回復をはかり、日常生活に必要な基本的動作が出来るようにアプローチし、生活復帰できるようにお手伝いを致します。

理学療法

 近年当院では、呼吸器疾患の患者・利用者さんも多く、病院・通所リハビリ・訪問事業部の各部署に呼吸療法認定士の資格を有する理学療法士が従事しています。

作業療法

 作業療法は、手の巧緻性を必要とする食事・排泄・更衣・入浴・整容などの応用的な動作能力を高めると共に、心理機能面にもアプローチします。実際の生活場面で能力が最大限発揮出来るように、また手芸・木工など趣味的な作業活動を通じて、主体的な生活が出来るようにお手伝い致します。

作業療法

 近年当院では、認知機能・精神機能低下の患者さんも多く、身体面のみならず精神面のケアができるよう、精神科作業療法の経験を有する作業療法士が従事しています。

言語療法

言語療法は、脳卒中などにより言語障害や嚥下障害をきたした方に対して、各機能の改善を図る訓練、残存能力を活かした日常生活および社会生活を営むための援助等、患者さんに合わせたアプローチを行います。食事ができる喜び・コミュニケーションをとる楽しみを感じていただけるようにお手伝い致します。

理学療法

リハビリ

通所リハビリテーションのご案内

通所リハビリテーションでは
こんな事をしています

呼吸リハビリテーション

採用情報のご案内

(財)日本医療機能評価機構

くわみず病院

医学生ブログ

医学生

九州沖縄

このページの先頭へ戻る