熊本救急告示病院:くわみず病院

専門外来

小児科紹介

消化器科で担当するのは、食道・胃・腸・肛門の病気です。がんや胃潰瘍や胃炎の炎症だけではなく、胃や腸のはたらきが悪くて症状がでることもあります。
消化器に異常をきたすと、胸やけ、のどの違和感、胃もたれ、腹部の張り(ガス腹)、食欲減退、体重減少、腹痛、便秘、下痢、便が細い、残便感、下血など症状が生じます。
また、肛門(おしり)のトラブルでは、肛門の痛み、出血、腫れ、たるみ、かゆみ、粘液がでる、膿がでるなどの症状が起こります。
上記は消化器だけではなく、ほかの原因で生じることもあり、問診だけでの診断は難しく、診察や詳しい検査が必要になることもあります。
近年、大腸がんが増えてきています。女性ではがん死因の一位です。男性では現在がん死因の三位ですが、その死亡数は女性の一位の数よりも残念ながら多いです。
大腸ポリープは一般的には良性がほとんどですが大きくなると、がん化することがあり、切除がおすすめされます。
胃がんも大腸がんも早期に発見されると、内視鏡で楽に治療ができます。
はじめから内視鏡治療に抵抗がある方はまずは気軽にご相談ください。

小児科診療スケジュール

 
午前 内視鏡 内視鏡
内視鏡
(女性医師)
内視鏡 内視鏡 内視鏡
午後 内視鏡
内視鏡
    内視鏡  

・毎日、上部消化管検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)をおこなっています。

・内視鏡検査も水曜日午前中は女性医師(女医)による検査となります。

※ご希望に応じて、鎮静剤を使い楽に検査を受けられます。

小児科

禁煙外来

心療科

女性外来

糖尿病教育入院

循環器外来

透析

採用情報のご案内

地域連携室通信

(財)日本医療機能評価機構

くわみず病院

医学生ブログ

医学生

九州沖縄

このページの先頭へ戻る